amazon恐るべし


今年に入ってもう一ヶ月が経ちました。早いなぁ。今年に入って買った本は『小さな会社のブランド戦略』『戦も顔をもつ英雄・下巻』『事例でわかる物語マーケティング』の三冊。

『小さな会社のブランド戦略』はファシ講座講師のトミーのお薦めで買いました。すぐに読めちゃう本です。この手の本は相変わらず多いですよね。自分も結構いろいろ読んでるので、自分にとっては新鮮味はないなぁと思っちゃいましたが、いくつか強く参考になる部分がありました。それだけでもめっけもんですね、きっと。

『戦も顔をもつ英雄・下巻』はブログにも書いた『オルフェウスの卵』に触発されて始めた神話研究の流れで買いました。当然、上巻も買ってます。翻訳が古いのでやや読みにくいけど面白い!まだ読み途中です。

『事例でわかる物語マーケティング』は神話に通ずる「物語性」に興味をもって買いました。この本、結構良くできてます。

ちなみに3冊中2冊はアマゾンで買いました。ご存じの様にアマゾンからはメールで勝手にお薦め書籍情報が送られてくるんですが、そのお薦め本が結構欲しくなっちゃたりするので、アマゾン恐るべしです。

でも『ファシリテーション~実践から学ぶスキルとこころ』のお薦めメールが来た時は笑いました。自分で書いた本だからアマゾンでは買ってなかったんですね。なので、お薦めされちゃいました。アハハ。


カテゴリー: 書籍   パーマリンク