2012年3月11日


2012/3/11の14:46はどこで何をしていましたか?私は日比谷公園で行われた「ピース・オン・アース」のステージ上で司会者をしていました。

坂本龍一さん始め、けっこうな著名人が随分登場し、14:46はCWニコルさんの発声で黙祷を捧げたわけですが、日比谷公園の噴水広場にはホントに大勢の人が集まっていたなぁ。たぶん多いときでは5000人以上はいたんじゃないかしら。

イベントが終わり自宅に戻ってニュースを見たら全国様々な場所で同じ時刻に黙祷が捧げられたんですね。電車の中とか、新宿ALTAの前とか。

渋谷のスクランブル交差点はその時も全くいつも通りだったみたいです。まあ、それも渋谷っぽくていいかなと思う反面、あんなにでっかいビジョンが何個もあるんだから、あの時だけでも同時にメッセージを出して、自発的でいいので黙祷するような動きがあってもいいのにな、なんて思ったりもしました。

でも、それって誰かが仕掛けないと起きないわけですよね。別にそれが自分でも良かったわけです。もっとも私にはそんな発想もなかったし、思いつきもしなかった。だから仕掛けようもなかった。

翻って、3/11・日比谷公園の「ピース・オン・アース」は主催者の南兵衛こと鈴木幸一氏がほぼ1年前に2012年の3月11日は大事な区切りになることを見抜き、しかもそれが日曜日あることを知り、日比谷公園を押さえたそうです。

僕も震災や原発事故にショックを受け、うろたえ、いろんな事を考えていたとき、南兵衛さん主催の4月5日の田中優さんの緊急講演会をきっかけに、折に触れ彼の活動にジョインしてきました。今回のピース・オン・アースでの司会もその流れがあったからです。

少し身近で見ていて、この1年の南兵衛の行動はすごかった。何度も現地に入り、東京でも人が集う場を作り、様々な人を巻き込み、そして2012年3月11日。今回のイベントに関しても、これを実現させるには、ホントに半端なく、すごく大変だったんだと思います。

人それぞれいろいろなやり方があっていいと思う。でも、場を作るという意味において、同じような仕事をする人間として、南兵衛の行動は尊敬に値します。とにかくやる、という力強さ、それから本人も言っているけどしつこさ。

そのしつこさのおかげで僕も2012年3月11日にあの場にいることができました。感謝しています。

 

カテゴリー: 日常   パーマリンク

2012年3月11日 への1件のコメント

  1. 司会おつかれさまでした。
    それにしても南兵衛さんの行動力はハンパないですよね。
    次から次へとイベントを成功されていますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です